SESSIONS

10:00 - 10:45

sola city Hall

Stéphane Nicoll
槙 俊明

基調講演:From Spring Boot 2.2 to Spring Boot 2.3

11:00 - 11:45

sola city Hall (EAST)

寺田 佳央

Spring Boot アプリの運用が楽になる? Pivotal と Microsoft が共同開発した専用 PaaS「Azure Spring Cloud」のご紹介 !!

Cloud 上で Spring Boot のアプリケーションを公開する際、実行環境として IaaS、PaaS, Container, Kubernetes など様々な選択肢があります。 マイクロソフトと Pivotal は 2019 年 10 月アメリカで開催された SpringOne のイベントで「Azure Spring Cloud」という、Spring Boot のアプリケーションに特化した PaaS の環境を発表しました(現時点でプレビュー版)。 アプリケーションは Kubernetes 上で動作しますが、Kubernetes を一切意識することなく開発により集中できます。さらに、GitHub Action でワークフローを定義する事でかんたんに CI/CD 環境を構築することもできます。 小規模から中規模レベルのマイクロサービスを構築する際、運用をとても楽にする Azure Spring Cloud をデモを交えながらご紹介します。また当日はスペシャル・ゲストもご紹介します。

sola city Hall (WEST)

山本 裕介

Spring Boot爆速開発超絶技巧

IntelliJ IDEAを使って開発する際、マウスやトラックパッドを使っていませんか? このセッションでは「なんとなく使っていても気づきにくい」、Spring Bootアプリケーションを開発する上で欠かせないキーボードショートカット、 Dockerやデータベース連携、HTTPクライアント機能など、最新バージョンの魅力を余すことなくお伝えいたします。

Room B

土岐 孝平
初心者

入社1年目のプログラム初心者がSpringを学ぶための手引き

これからSpringを勉強したいけど、どこから手を付ければいいか分からない」という方にお勧めのセッションです。まだJavaにも慣れていないプログラム初心者が、Springを学んでいく際に抑えるべきポイントを解説します。前半はJavaやServletなどの前提知識についてお話して、後半にSpringについてお話します。

Room C

三宅 光太郎
土屋 大樹

大規模エンタープライズシステム開発におけるSpringアプリケーションのDevOps適用事例

NRIでは社内の多くのプロジェクトでSpring Frameworkを利用したアプリケーションを開発しています。 本セッションではアプリケーション開発に欠かせないDevOpsに着目して、大規模プロジェクトでのコンテナ技術を活用したビルドやテストに関する事例を中心に、苦労した点や工夫した点をご紹介します。

11:55 - 12:40

Room B

由利 誠
ござ先輩 (湯本 堅隆)
ランチセッション

帳票開発が苦痛なエンジニア大集合!豪華「人形町今半」の弁当付き!その代わり、少し宣伝を聞いてください!

名刺を1枚頂戴します。お忘れの場合は氏名と所属企業名をメールで送信して頂くことによる確認手続きが発生します。 パート1(由利): DocurainはSpringBoot&サーバサイドKotlinベースのFaaSで、マイクロサービスアーキテクチャ、かつEC2インスタンスが百個単位で動く大規模クラスターです。開発・運用で得られたノウハウを少しご紹介します。 パート2(ござ先輩): 実際の帳票開発シーンにおいてDocurainがどのように活用されているか、実案件例を交えてご紹介します。

Room C

贄 良則
ランチセッション

ローコード開発プラットフォームと、ドメイン駆動設計と、Springの関係

日本で"超高速開発”と位置付けられていたツール群が、あらためて"ローコード開発プラットフォーム”という視点で再編成されつつあります。一方、Spring界隈では、業務系のシステム開発分野へドメイン駆動設計を適用するアプローチが注目されています。ローコード開発プラットフォーム、ドメイン駆動設計、そしてSpringの関係をどう読みといていくのか。Wagbyを題材に説明します。

13:00 - 15:45

sola city Hall (WEST)

Josh Long

Reactive Spring

Microservices and big-data increasingly confront us with the limitations of traditional input/output. In traditional IO, work that is IO-bound dominates threads. This wouldn't be such a big deal if we could add more threads cheaply, but threads are expensive on the JVM, and most other platforms. Even if threads were cheap and infinitely scalable, we'd still be confronted with the faulty nature of networks. Things break, and they often do so in subtle, but non-exceptional ways. Traditional approaches to integration bury the faulty nature of networks behind overly simplifying abstractions. We need something better. Spring Framework 5 is here ! It introduces the Spring developer to a growing world of support for reactive programming across the Spring portfolio, starting with a new Netty-based web runtime, component model and module called Spring WebFlux, and then continuing to Spring Data Kay, Spring Security, Spring Boot, and Spring Cloud Finchley. Sure, it sounds like a lot, but don't worry! Join me, your guide, Spring developer advocate Josh Long, and we'll explore the wacky, wonderful world of Reactive Spring together.

13:00 - 13:45

sola city Hall (EAST)

長谷部 良輔

LINE公式アカウントのチャットシステムにおけるSpringおよびWebFluxの活用事例

LINEでは、企業・個店向けに公式アカウントというもの提供しています。公式アカウントでは多種多様な機能を提供しているのですが、その中の一つにチャット機能があります。そのチャットシステムにおける、Springの活用事例やアーキテクチャなどをご紹介致します。

Room B

長谷川 裕一
柴田 洋平
田村 英雅
初心者

春の特選アイテム

折角のFestなので、3名で賑やかにやってみることにしましたが、どうなることか!? さて、肝心のセッションの内容は、初めてSpringで開発するプロジェクトに従事しているエンジニアが、知っておくとちょっとだけ得をするかもしれないアイテム(プロパティの補完機能やSQLをログに出す方法、リトライの方法など)をご紹介します。

Room C

菊池 真登

徹底解剖Spring MVCアーキテクチャー -DispatcherServletの中身を覗いてきました-

様々なWebアプリケーション開発で採用実績のあるSpring MVCですが、「アーキテクチャーがどの様に実現されているのか」と疑問に思ったことはありませんか? ・どうしてアノテーションを付けるだけで、リクエストURLとコントローラーメソッドの対応付けができるのか? ・コントローラーメソッドに指定した引数のインスタンスは、どこで作られるのか? ・コントローラーメソッドの戻り値に指定できる型がたくさんあるが、なぜ動くのか? ・コントローラーメソッドの戻り値にビューの論理名を指定しただけで、なぜビューに処理が移るのか? ・なぜControllerとRestControllerを使い分けるだけで、レスポンスをHTMLとJSONで切り替えられるのか? 等 本セッションでは、そのような謎を「ソースコードリーディング」により解き明かしていきます。 すでに業務でSpring MVCを使っているが、より詳しくアーキテクチャーを理解したいという方に、ぴったりのセッションとなっています。

14:00 - 14:45

sola city Hall (EAST)

森下大介

NissanConnectの舞台裏で動くSpring Boot/Spring Cloud 〜Microserviceの実運用の事例〜

自動車産業における変革を表すキーワード"CASE"におけるC(Connected)を、日産ではNissanConnectというサービスとして提供しています。 特に、新型スカイライン及びリーフで提供しているサービスでは、スマホアプリを通してクルマと連携できる機能を提供しており、 そのバックエンドはSpring BootやSpring Cloudを使ったMicroservice群として開発され、稼働しています。 自動車メーカーとSpringという組み合わせが生み出したMicroservice群を実際に運用する中で見えてきたポイントなどを事例としてご紹介したいと思います。

Room B

進藤 遼

実践 Spring Boot Actuator + Micrometer

Spring Boot ActuatorはSpring Bootアプリケーションの運用のためのエンドポイントを追加するサブモジュールです。 本セッションでは、Spring Boot Actuatorの概要、Micrometerとの連携をお話しします。 開発に使うだけではもったいない、Actuatorの活用方法をお伝えできればと思います。

Room C

太田 浩介

システム間連携を担うSpring Integrationのエンタープライズ開発での活用

異なるアーキテクチャを採用したシステムを連携させる手法として、Enterprise Integration Pattern(EIP)と呼ばれるベストプラクティスが存在します。 Spring IntegrationはそのEIPをSpringで実現するフレームワークです。 本セッションでは、Spring Integrationの基本的な使用方法やメッセージ送受信の仕組みを理解しつつ、 実際にエンタープライズ開発に適用した際の工夫や考慮事項を紹介します。

15:00 - 15:45

sola city Hall (EAST)

塚越 啓介

Spring Developer のための コンテナ入門

Microservices や CI/CD Cloud Native といったキーワードで注目度の高まっているコンテナ技術ですが、本セッションではコンテナを使ったことがない、またはほとんど知らない方向けに、コンテナそのものの概要に加え、コンテナオーケストレーターの役割、アプリケーション開発者がコンテナを活用することによるメリットを紹介します。また、実際に Spring アプリケーションをどのように Kubernetes 上にデプロイするかをデモを交えてご紹介します。 コンテナ技術概要 なぜ Kubernetes が必要になったのか コンテナオーケストレーターとその役割 Kubernetes のアーキテクチャ Spring アプリケーションを簡単にKubernetes 上にデプロイするデモ まとめ Kubernetes というワードはよく聞くけど実はよくわかっていないという方はぜひお越しください!

Room B

佐川 夫美雄

Enterprise Angular Development (仮)

エンタープライズでも近年、Webアプリケーション開発ではサーバサイドはSpring Boot、クライアントサイドではReactやAngularが利用されるようになってきました。大規模な何百億円プロジェクトでもAngularを採用し開発を進める事例も出始めています。ここでは、そういったプロジェクトを上手く回すためのコツを簡単にご紹介致します。

Room C

岩塚 卓弥

Spring と GraalVM Native Image - 2019/12

GraalVMのNative Image Generatorを使用すると、JavaのコードをNative Imageと呼ばれるネイティブバイナリへと事前コンパイルすることができます。 Native Imageは現在Early Adopter technologyという扱いではありますが、Springでもサポートに向けた準備が着々と進められているようです。 本セッションでは、Native Imageへコンパイルする際の制約と、その制約に対するSpringのアプローチについて調査した内容を紹介します。

16:15 - 17:00

sola city Hall (EAST)

槙 俊明

RSocket徹底入門 ~Spring 5.2の目玉機能であるRSocket対応とは~

RSocket(https://rsocket.io)はTCP, WebSocket、UDP上でReactive Streamsのセマンティクスを持つ双方向通信可能な新しいバイナリプロトコルです。 HTTPの代わりに利用可能です。 RSocket自体は言語非依存ですが、Spring 5.2からお馴染みのプログラミングスタイルでRSocketサーバー/クライアントを実装できるようになりました。 本セッションではRSocketとは何か、何が変わる・うれしいのか、SpringのRSocket対応とはどのようなものかを説明します。 Springが追加する新機能が好きな方、新しい技術を手っ取り早く知りたい方は必見です。

sola city Hall (WEST)

須江 信洋

Quarkus による超音速な Spring アプリケーション開発

Quarkus はSupersonic. Subatomic. Javaを理念に設計され、Cloud Native, Microservices, ServerlessのJavaアプリケーションを作成するための開発者向けに最適化された凝縮性の高いプラットフォームです。これらはQuarkusが低メモリ消費、高速起動に最適化されていることを意味しています。 本セッションでは、Quarkus の紹介に加え、Springを使用してQuarkusアプリケーションを開発する流れを紹介します。

Room B

伊賀 敏樹
初心者

JSP/JSF から Spring Web + Thymeleaf への移行

JSP (+Struts) など古いタイプのサーバサイドレンダリング開発から、最新系 Web 開発環境の Spring Web + Thymeleaf によるサーバサイドレンダリングへの移行に関心がある方向けのセッションです。 ひとたび Spring Boot + Spring Web + Thymeleaf に乗り換えてしまえば、幸せな開発環境が手に入ります。 このセッションでは、古いタイプのサーバサイドレンダリング技術と新技術とを比較などしながら、すばやく Spring Web + Thymeleaf 開発を理解できるようなコンテンツとなる予定です。 前提知識:Java、HTMLを多少は知っていること。

Room C

天久 慎介

Springフレームワークの単体テストをどのくらい楽にできるか、シミュレーションしてみる

Springフレームワークの単体テストって、使い方が難しく、実装する量も多くなりがちで大変ですよね。そんな悩みを解決するためにJtestには単体テストを支援する機能が搭載されています。Jtestを使うとどのくらい実装量が減り、工数が削減されるのかをご紹介します。 Jtestは有償ツールのため、導入して元が取れるのか、仮想プロジェクトを例にシミュレーションしてみます。

17:15 - 18:00

sola city Hall (EAST)

田中 竜介

Spring Social でソーシャルログインを実装する

最近ソーシャルログインを提供するサービスは増えてきています。Spring Social は各SNS 専用のライブラリが用意されていて、これらを使ってソーシャルログインを実装することができます。 このセッションでは、このソーシャルログイン機能を提供するWebアプリケーションを実装する方法を紹介します。

sola city Hall (WEST)

Stéphane Nicoll

Efficient Web Apps with Spring Boot 2

How can we improve the efficiency of an existing web application? We could completely rewrite it, leverage more concurrency and even reactive features. But is it really worth it if we don't even measure and track the relevant metrics? In this talk, Stéphane will work on an existing Spring Boot MVC application to make it more efficient. He'll replace RestTemplate with WebClient and Reactor operators to improve efficiency, without the concurrency pitfalls. He'll use out-of-the-box metrics, add new ones to measure, and keep an eye on capacity gains with dashboards.

Room B

いろふ

Springアプリケーションのテスト道具 使いどころ、使わないどころ

Springアプリケーションのテストにはたくさんの道具の選択肢があります。何を使えばいいか、いつ使うのが良いか、使い方はあっているか、使うべきでないところで使っていないか、、悩みは尽きません。 本セッションではJUnitやSpringの機能、モック、Selenium、Dockerなどを使ったテストや、それらを使った際のありがちな問題、使うべきでない場面などをお話しします。

Room C

寺島 秀樹

受託開発におけるハイアジリティへのとりくみ

ITサービスが企業のビジネスの中心となり久しい昨今、ビジネスを成功に導くため早期の意思決定はますます重要性が高まっています。それは受託開発でも変わりません * 開発に入る前の仮説検証プロセス * ミニマムなスコープ管理によるプロジェクト運営 * Spring Boot と Spring Test * 仕様の見える化とテストファーストによる品質保証 * 自動テストと向き合った新卒の半年間 など、SIerであるBTCにおけるハイアジリティを目指す取り組みの事例をご紹介いたします。

18:15 - 19:00

sola city Hall (EAST)

山﨑 大
設樂 大悟

Spring with React for Enterprise Application

Enterprise な アプリケーションにおいてもデザイン性、使い勝手に対する要求は高まってきています。 その要求を Spring と React を使って実現する方法をお話します。 ・EventStorming を用いたモデリング ・Backend と Frontend を並行して開発する by Spring and React ・Contract による変化に強い開発チーム

Room B

樹下 雅章
初心者

Spring初心者必見、フレームワーク別の便利なテスト機能紹介

Springが提供する機能(フレームワーク)で良く使用される Spring Framework、Spring MVC、Spring Securityと Springとシームレスに連携できるO/R Mappingツールである MyBatisに対するユニットテストに関して ・自動テストのメリットについて ・どのようなテストが出来るか をデモを交えて紹介させて頂きます。 ■:テストはJUnit5を使用 ■:Spring Frameworkのテスト 〇:@Mockを使用して、まだ作成されていない実装クラスをスタブとして利用するテストを紹介します。 ・whenメソッドの使い方 ・verifyメソッドの使い方 ■:MyBatisのテスト 〇:mybatis-spring-boot-starter-testを使用して MyBatisのMapperインターフェースを利用したデータアクセス機能のCRUD処理のテストを紹介します。 ・@MybatisTestアノテーションの説明 ・@AutoConfigureTestDatabaseアノテーションの説明 ■:Spring MVCのテスト 〇:MockMvcを利用した、リクエストハンドラメソッドの呼び出し結果を取得し、評価するテストを紹介します。 ・メソッドチェーンの説明 ・HTTPレスポンスステータスの評価方法の説明 ・(View)遷移先の評価方法の説明 ・Modelの評価方法の説明 ■:Spring Securityのテスト 〇:spring-security-testを使用してフォーム認証のテスト及びログアウトのテストを紹介します。

Room C

黒川 徳介

大規模基幹システムにSpring Cloudを使いたい!

Spring Cloudをエンタープライズの世界でも使ってみたい!大規模基幹システムにマイクロサービスアーキテクチャを導入したい!そんな熱い想いを抱くみなさまに、ウルシステムズが実案件で培ってきたSpring Cloud導入のノウハウをご紹介します。エンタープライズに求められる認証や運用監視、ポータビリティ、開発統制などの本格活用にお役に立てるセッションです。

BOOTHS

IT TRAINING SUPPLIER ~技術を育て、企業を育てる~

フルネスは、独自のノウハウと高い技術力を駆使し、『IT研修事業』と『システム開発支援事業』の2つの領域で成長を続けている会社です。『IT研修事業』では豊富な経験を持った講師陣が、実践的なハンズオン教育で現場力をしっかり身に着けた人材を育成します。『システム開発支援事業』は高品質な企業情報システムの開発や実践的な技術のコーチングを行っています。今回のブースでは、『IT研修事業』でも人気の高い、1名様からでもご参加いただける公開講座のご案内資料をお持ちさせていただきました。Spring関連の研修はもちろん、ご希望に合わせてラインナップ豊富な研修の中からご紹介させていただきますので、ご興味をお持ちの方、人材教育に関してお困りの方は、是非ブースにお立ち寄り下さい!
フルネス

フルネス

IT研修に特化して、Python,Java,C#,Spring4を中心としたIT教育、未経験IT技術者を育成するために、IT研修・オープン講座・講師派遣などを行っています。

For Your Happiness, Pleasure and Satisfaction

ティ・アイ・オーはIT技術を駆使し、常に「ユーザー目線」で提案をしている会社です。各産業分野における基幹業務、製造流通および金融分野における業務アプリケーションの『コンサルティング』から『画面デザイン』『システム設計』『システム構築』『運用・保守のサポート』まで、トータルサポート致します。Springを導入した物流システムの開発や、現場で使えるシステム運用・保守の『見える化』など各実績をご紹介致しますので、ご興味をお持ちの方、システムに関してお困りの方は、是非ブースにお立ち寄り下さい!
TiO Corporation

TiO Corporation

株式会社ティ・アイ・オー<TIO>は、刻々と進化しているIT技術を駆使し、各産業分野における基幹業務、金融および製造流通分野における業務アプリケーションに構築からソフトウェア・画面デザイン・メンテナンスにいたる工程をトータル的にサポートしていく企業です。

デベロッパの強力な味方!

サムライズムはIntelliJ IDEAで有名なJetBrainsやGitHubなど、開発に必要不可欠なツール群を取り扱っております。 導入済みの方も、これから導入を検討されている方も、是非ブースにお立ち寄り頂き、最新情報を入手してください!
サムライズム

サムライズム

  DX時代のシステム開発およびオフィス業務の生産性向上のための製品・ソリューションの提供、技術サポートおよび導入支援・システム運用を提供する、asleadをご紹介します。   オープンソースソフトウェア(OSS)を使用したシステムの構築や課題発生時の解決にあたり、OSSに関する技術サポート、導入支援、コンサルティングなどを提供するサービスです。Springをはじめ、様々なOSSのサポートを提供していますので、OSSでお困りの方は是非ブースまでお越しください。
NRI

NRI

創る、学べる、カサレアル  \Springコーステキスト持ってきました!/

カサレアルは研修を通じて、効率的な最新技術導入の支援を行っております。開発部門を持っていることから、現場ですぐに使える技術を身につけていただくことをモットーに、様々なプログラマの研修コースをご用意しております。 ブースではSpring研修をはじめとする研修サービスや、クラウドネイティブ開発の支援サービスについてご紹介いたします。実際にSpring研修で使用しているテキストもご覧いただけますので、ぜひお立ち寄り下さい!
カサレアル

カサレアル

ストレスレスな Spring Boot を使った Web アプリケーション開発環境の紹介

Google Kubernetes Engine(GKE)は、コンテナ化されたアプリケーションをデプロイするための、本番環境に対応したマネージド型環境です。最新のテクノロジーを利用して、デベロッパーの生産性、リソースの効率性、自動運用、オープンソースの柔軟性の向上を図り、製品化までの時間を短縮します。 2015 年にリリースされた Kubernetes Engine は、12 年以上にわたって Gmail や YouTube などのサービスをコンテナ内で実行してきた Google の豊富な経験に基づいて構築されています。Kubernetes Engine を使用すると、独自の Kubernetes クラスタをインストールして管理、操作する必要がなくなり、Kubernetes の設定から稼働までを短時間で完了できます。 こちらのブースでは、Google Kubernetes Engine(GKE), Docker, Cloud Code, Jib, Skaffold などを紹介します。
Google Cloud

Google Cloud

Java対応静的解析・単体テストツール 「Jtest」

Jtestは、テスト工数の大幅削減とセキュアで高品質なJavaシステムの開発を強力にサポートするJava対応テストツールです。1,000個以上のコーディング規約をもとにソースコードを静的に解析し、プログラムの問題点や処理フローに潜む検出困難なエラーを検出します。さらに、JUnitを用いた単体テストについて、作成、実行、テストカバレッジ分析、テスト資産の管理といった単体テストに係る作業をサポートし、単体テストの効率化を促進します。 JUnit単体テスト実装、メンテナンスにコストが掛かって困っているという方は、単体テスト機能のみをご利用いただけるリーズナブルなライセンスもご用意していおりますので、是非ブースまでお越しください。
テクマトリックス

テクマトリックス

日産コネクティドカーサービスの開発者募集!

我々は日産が提供するコネクティドカーサービス「Nissan Connect」「Nissan Connect EV」を開発する部隊であり、サーバサイドをSpring Bootで開発しています。 当ブースでは、上記アプリのご紹介や、開発プロセス等についてご紹介致します。 IoTシステムの開発にご興味のある方・自動車好きの方・ソフトウェア内部に留まらない現実世界の「モノ」に繋がる開発に興味がある方は、是非ブースまでお越しください。我々は多くの仲間を求めています!
日産自動車

日産自動車

株式会社ビズリーチの取り組みとエンジニア組織

ビズリーチ

ビズリーチ

DX 時代を想定したアーキテクチャ、開発プロセスについて、豆蔵の現場のアーキテクトやコンサルタントがご相談に乗ります。ブースにて豆蔵グッズも配布しますので、是非お越し下さい
豆蔵

豆蔵

楽天のエンジニアがパンダノベリティをお配りします!! JavaやSpringについてエンジニアとお話しましょう! 皆様是非ブースにお立ち寄りください! お待ちしておりますmm
楽天

楽天

Angular を使ったアプリケーション開発のデモを致します。Angularは、モバイルおよびデスクトップWebアプリケーションを構築するためのプラットフォームです。
アシラス

アシラス